上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年2月に、湘南話し方友の会で、和歌をテーマに講演を聞くことになりました。
そこで、今年1月に、川柳を作ったように、(句会をまねた)

和歌にも挑戦してみようということになりました。
和歌、なかなか手ごわいですね。

私も15 の初・和歌ができたのですが、
うまく、表現できたでしょうか、

たり、と、けり、の使い分けで迷ったりしてます。(未完成の句です)
私と一緒に和歌を作って、メールで返してくれる人 が少ないのと、

自分自身の作品がポンポンと出来なくなるなど、
◎私は、落語の「道灌」のように歌道(角)に暗いことになりそうです。


秋なれば 本の栞(しおり)にことかかず
      橅(ぶな)、柿、桜、檀(まゆみ)、鎌柄(かまつか)

                  長野県 千葉俊彦(朝日歌壇)


習作ぐらいは「ことかかず」といきたいですね。
◎ 誰か提灯貸しとくれ!!
スポンサーサイト
2歳半になる孫(男)が、
1年前に聴かせた「かえるの合唱」を歌い出した。
歌詞は、正確な発音ではないものの、音程は正しい。

なんと、
それをきっかけに、片言の言葉の数も増えたり、
保育園での行動にも変化が生じているという。

お歌の時間に、ピアノを弾く先生にくっついているという。
また、園児の車座の中に、自分から進んで入ったという。
以前は、外れた位置で、一人遊びしていたそうだ。

保育園での環境に馴染んだだけかもしれないが、

かえるの合唱」が引き金になり、
歌にも、素晴らしい力があることが嬉しい。
.
2016.10.27 北斎漫画展
茅ケ崎美術館で11月6日まで開かれている北斎漫画展に行ってきました。

会場は、虫眼鏡を片手に持った人たちでかなり、混んでいました。

200点の北斎の作品他が展示されていました。

ーーー

来年は、東京・両国にできる北斎美術館に行くつもりです。

http://www.chigasaki-museum.jp/
2016.08.11 街中博物館
1歳と2歳になる孫が、我が家にやってきた。
孫たちは、自動車に夢中である。

消防車、パトカー、路線バスのおもちゃと乗り物図鑑を持ってやってきた。
おかげで、我が家からは、おもちゃの出すサイレンの音で、年中大事故中である。

50メートル先の公民館の図書館から、立派な「乗り物図鑑」を借りてくると、
目を輝かせて眺めていた。興味を引くものならば、「本」でもいいのだ、と感心した。

100メートル先に国道があり、コンクリートミキサー、ダンプトラック、キャリヤカー、タンクローリー、コンテナー輸送車、バスなど
ふんだんに通る。

見物に、連れてゆくと、指をさして大騒ぎ。中には、手を振る運転手もいる。
近所の中学校のプールに、消防レスキュー隊員が消防車で水泳訓練にやって来る。
中学の門を出てゆく消防車を見せてやると、興奮して大きな消防車を見ている。

国道では、毎日のようにパトカーが違反者車を取り締まっている。
捕まる側は気持ちの良いものではないが、孫たちは興味しんしん。

家の中にいても、ヘリコプター・飛行機がベランダの上を飛ばない日はない。
これも、指をさして見ている。

孫の家では見られない「乗り物」が、我が家では、手に取るように眺められる。
絵本から飛び出した「街中博物館」なのである。
2016年7月15日 混声合唱団ラマーレのコンサートが
茅ケ崎市文化会館でありました。

私も出演したので、友人を何人かご招待しました。
その中のお一人から感想をいただきました。
ーーーー
・最初の高原列車からはじまり、最後のみかんの花咲く丘まで、飽きずに楽しむことができました。

・花や衣装など工夫を凝らした中に、皆様の熱意とおもてなしの心が伝わってまいりました。

・日本民謡、懐かしいロシア民謡(歌詞を覚えていることに驚き!)を堪能。荒城の月はさすがですね。

・司会の方も上手でした。

・こんな素敵な皆様と活動でき、良いサークルにお入りですね。

・舞台の上のノーベルさんも素敵でした。
ーーーー
最上級の感想で一安心いたしました。

司会は、日本一の女声コーラスの会長さんです。
ポニーテールで可愛らしい少女のような姿で
素敵でしたね。
ーーー
終わってみての感想。
60%の入りで、袖から見ているとほぼ満員に見えます。素晴らしい!!

男声にも新人がいて、
多数の曲がいっぺんに覚えられるかと、心配していましたが
これも上手にこなしワンダフル。

舞台の組み立てを、男声が手伝ったのですが、
私も気がつけば、積極的に取り組んでいて
自身で驚いています。

ロシア民謡は、歌っていて、会場の皆さんも大好きだと分かりました。

指揮者の田畑先生は、女性コーラスを3つも受持っているので、
「男声」のために組んでくれたプログラムです。

打ち上げ会では、
男声にビールが集中してしまい。
飲みたい女性もいたでしょうに・・・と思いながら、
頂きました。
次の機会には、飲みたい人が飲みたいだけ
ゆきわたるといいですね(ご祝儀もあったようですから)。

私の交流の少なかったソプラノさんとお話ができまして、
積極的で、元気で、生きがいい方々でした。
わたしも
精神をリフレッシュしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。